HANZOMON DENTAL OFFICE半蔵門デンタルオフィス

  • 03-3239-4182
  • ENGLISH

Preventive予防歯科(歯科ドック)予防歯科(歯科ドック)

  • ホーム

予防歯科(歯科ドック)

歯科ドックとは

歯科ドックとは イメージ画像『歯科ドック』とは、虫歯・歯周病の有無、歯並び・噛み合わせのチェック、細菌検査など口の中のさまざまな項目を詳細に検査することです。当院では、病気の根本的な原因を突き止め、正しく機能し、美しさが持続する歯と口へと生まれ変わらせることを重視しています。治療前に口の中を詳細に診査・診断することで、それぞれの患者さまの症状に合ったオーダーメイドの治療計画を立案します。

「口の中に違和感がある」「インプラント治療を受けてみたい」「歯周病になったかもしれない」など、歯や口に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひこの歯科ドックを受けてみてください。まずは現状を正しく知ることが、治療の成功、歯と口の健康につながります。

Introduction of each check 各検査のご紹介Introduction of each check 各検査のご紹介各検査のご紹介

当院の歯科ドックでは、14項目の口腔内検査だけでなく、咬筋(噛むときに使う筋肉)の状態に応じた顎の筋肉の診断も行なっています。

問診票・歯科ドック専用アンケートの記入

問診票と歯科ドック専用のアンケートをご記入いただき、その内容をもとにカウンセリングを行ないます。食事や歯磨きなどの生活習慣、常用薬・アレルギーの有無など、現在の状態の把握と全身疾患の有無などを確認します。

レントゲン検査

口全体のレントゲン写真を撮影します。虫歯・歯根の状態、顎の骨の骨量・形状など目で見えない部分を中心に検査します。

CT検査

CT撮影を行います。CTを使うことで、インプラントの術前診断、歯周病診断における歯槽骨・欠損部の状態、虫歯の診断、根管の形状・根尖病巣・歯根破折などを細部まで立体的に把握することが可能です。

口腔内写真撮影

レントゲン写真ではわからない現在の歯肉の状態を撮影します。この撮影をすることで、過去の状態と比較しながら治療を進めていくことができます。

ペリオスクリーン

唾液に含まれる血液量の検査を行ないます。唾液を採取し、試験紙を使って歯肉の炎症の有無を調べます。歯肉が炎症していなければ、陽性反応にはなりません。

唾液量の検査

味のないガムを5分間噛んでいただき、唾液の分泌量を測ります。正常な分泌量は4~5mlで、唾液が少ないと虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。

唾液緩衝能の検査

緩衝能は、食事をして酸性になった口の中を中性に戻す力のことです。唾液のphを測定することで、緩衝能の程度を判定します。緩衝能が高いほど、虫歯になる可能性は低くなります。

LB菌の検査

虫歯の原因菌の一つで、虫歯を進行させることで知られるLB菌(ラクトバチラス菌)の数を調べます。毎日の歯磨きによって菌の量が変わりますが、白い点が多いほど菌の数が多いという判定になります。細菌を培養するので、判定まで4日ほどかかります。

SM菌の検査

歯垢を採取し、虫歯の原因菌の一つで、虫歯のきっかけを作ることで知られるSM菌(ストレプトコッカスミュータンス菌)の数を調べます。ほとんどが母子感染で、3才までにその菌の数が決まり、菌が多いほど虫歯になる可能性が高くなります。青い斑点が多いほど、菌の数が多いという判定になります。細菌を培養するので、判定まで2日ほどかかります。

虫歯の検査

虫歯の有無と進度を検査します。歯の詰め物・被せ物の種類、それらの適合の確認、粘膜の病気や口腔がんの有無なども確認します。

歯周病の検査

プローブという針状の器具を使い、歯1本につき歯周ポケット(歯と歯肉の間)6ヵ所の深さを調べます。そのとき歯肉からの出血もチェックし、炎症の有無を調べます。正常なポケットの深さは1~3mmで、それ以上の場合は歯周病が進行していると考えられますが、歯周ポケットの深さが正常であっても、出血する部位によっては炎症を起こしていると判定されます。

なお当院では、歯周ポケットの深さを計測するときに、 担当者の技量によって計測の圧が変わらないようにするため、規格荷重プローブと呼ばれる専用器具を使っています。

歯の模型の作製

歯の模型を作り、歯ぎしりの有無や噛み合わせを確認します。噛み合わせは少しずつ変化していくものなので、現在の噛み合わせの状態を記録しておきます。

歯垢の量の検査

歯垢を赤く染め出し、磨き残しの有無や現在の歯の磨き方をチェックします。染め出しを行なった後はクリーニングさせていただくので、きれいな状態でお帰りいただけます。

検査結果のご説明

歯科ドック終了から1週間ほどで検査結果が出ます。歯科医師より、検査結果と今後の治療計画・予防方法についてご説明させていただきます。

予防歯科で行なうその他の処置

PMTC

PMTC イメージ画像『PMTC』は、『Professional Mechanical Tooth Cleaning』の略で、歯科医師や歯科衛生士が専用器具を使って患者さまの歯をクリーニングすることです。毎日きちんと歯磨きをしているという方でも、歯と歯の間、歯と歯肉の間などの細かい部位の汚れを完璧に落としきることはできません。そしてそれらが少しずつ蓄積すると、虫歯や歯周病を発症しやすくなってしまいます。

しかしPMTCであれば、それらの汚れをしっかりと落とすことができます。それだけでなく、 軽度のものであれば飲食物や喫煙などによる着色汚れなども落とせるので、本来の歯の白さを取り戻すことができます(ただし、本来の白さ以上にはならないので、審美性を重視する方には『ホワイトニング』がお勧めです)。最後に歯の表面にフッ素を塗布して、虫歯予防の効果を高めます。1回のだけでも効果がありますが、より効果を持続させるためには3~4ヵ月に1回の頻度で受けるといいでしょう。


歯磨き指導

歯磨き指導 イメージ画像「毎日きちんと歯磨きしているのに虫歯になってしまう」という方がいらっしゃいますが、それは、ご自分では正しく磨いているつもりでも実際は正しく磨けておらず、磨き残しができ、それが蓄積してしまったからと考えられます。

虫歯・歯周病予防の基本は正しい歯磨きです。汚れを落としにくい歯と歯の間、歯と歯肉の間などの細かい部位の汚れをきちんと落とせるよう、丁寧に磨くことが大切です。それをマスターしていただくために、当院では歯磨き指導を行ない、 その方の歯並びや磨き方の癖に合った磨き方をご指導させていただきます。

デンタルフロスや歯間ブラシなど、よりきちんと汚れを落とすための補助的な用具の使い方もお教えします。また、市販の歯ブラシや歯磨き剤は種類が多く、選び方がわからないという方には、そちらもお教えしますので、ご不明な点はお気軽にお尋ねください。習慣的に何となくやっているという方が多い歯磨きですが、 正しい磨き方を意識することが虫歯・歯周病予防の第一歩となるので、ぜひ歯の正しい磨き方をマスターしましょう。


食事指導

食事指導 イメージ画像虫歯・歯周病予防の基本は正しい歯磨きですが、食事の内容も関わってきます。そして当院では、患者さまに虫歯になりにくい食べ方などをお教えする『食事指導』にも取り組んでいます。虫歯菌は糖分を栄養源としています。

私たちが甘い飲食物を摂ることによって、虫歯菌はそこに含まれる 糖分から虫歯の原因となる酸を作り出します。また、だらだら食べると口の中に常に食べかすがある状態となり、虫歯菌が酸を作り続けることとなり、それにより少しずつ歯が溶けてしまいます。

そのような事態を避けるためにも、お菓子やジュースなど砂糖が多く含まれる飲食物の摂りすぎに注意し、 キシリトールなど虫歯菌の栄養分とならない甘味料が含まれたお菓子を選ぶようにしましょう。また、だらだらと食べないよう、量と時間を決めて食べることも大切です。虫歯になりにくい食べ物を知りたいという方や、お子さまのおやつの内容に悩まれている方は、お気軽にお尋ねください。

Contact 03-3239-4182 タップで電話する