HANZOMON DENTAL OFFICE半蔵門デンタルオフィス

  • 03-3239-4182
  • ENGLISH

Whiteningホワイトニングホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは イメージ画像クリーニングが、歯の表面の汚れを除去するのに対し、ホワイトニングは、歯そのものの色を変化させます。歯を白くする要因は、なんといっても過酸化水素 (これを3%に薄めたものがオキシドール) という薬剤です。

これは、どのシステムでも共通しています。極端に言えば、この薬剤を歯に直接塗れば、もっとも白くなりますが、6%を超える過酸化水素は、劇薬に指定されており、歯や歯肉に直接塗布すると激しい痛みを伴います。そのため、各システムでそれぞれの開発が行なわれています。

単に薬剤の濃度を高くすると効果が高く、それにつれて痛みも強くなります。薄めれば薄めるほど痛みは軽減されますが、その分、効果も落ちます。そのため、いかに白くしながら痛みを抑えるかというのが、ホワイトニングの最大の課題といえます。当院では、この観点から、常に最新のシステムを検証し、歯科医師の長い経験からより良い結果をご提供しています。

当院のホワイトニングの特徴

当院のホワイトニングの特徴 イメージ画像当院が行なうオフィスホワイトニングは、米国を中心に世界で開発されているさまざまなシステムの中から、より歯への刺激が弱く、かつ痛みが少なく効果の高い薬剤を導入しています。そのため、人によっては数回の施術が必要になることもありますが、ご本人の満足度にもよります。

大抵の方が2回程度の施術を希望され、その後は、数ヵ月から半年に1回のメインテナンス時に再度お受けになられます。短期間で集中的に行うことにより、より良い結果を得られます。また、継続して施術を受けられるのも、低刺激、ほぼ痛みなし、という結果だからです。

所要時間

一度の施術時間は、約45分程度です。お昼休みなどの休憩時間を利用して、手軽に施術をお受けいただけます。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング イメージ画像『オフィスホワイトニング』は、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士がホワイトニングを行なう方法です。歯の表面に薬剤を塗り、専用機器を使ってレーザーなどの光を当てて色素を分解し、歯を白くします。1回で効果を実感できる方が多いですが、1回でご希望の白さにならないという方や生まれつきの歯の色によっては、2~4回ほど通院していただくこともあります。

オフィスホワイトニングで使う薬剤は高濃度のものなので、すぐに白さを実感できます。しかし薬剤の浸透が浅いので色が後戻りしやすく、白くなってから3~10ヵ月ほどしか効果が続きません。効果を持続させるには、定期的にオフィスホワイトニングを受けるとよいでしょう。当院では低刺激でほぼ痛みのない薬剤を使っているので、安心して施術を受けていただけます。


ホームホワイトニング

ホームホワイトニング イメージ画像『ホームホワイトニング』は、ご自宅でご自分のお好きなタイミングでホワイトニングを行なう方法です。まずは歯科医院で患者さまの歯型をとり、マウスピースをお作りします。患者さまはそのマウスピースと薬剤をご自宅に持ち帰って、マウスピースに薬剤を入れて毎日2時間ほど装着し、これを2~4週間続けます。

ホームホワイトニングで使う薬剤は低濃度のものなので、すぐに白さを実感できるわけではありません。効果を実感できるようになるまで最短でも2週間ほどかかってしまいます。しかし、薬剤の浸透は深くなるので、白くなってからは6~12ヵ月ほど効果が続きます。

早く白くしたいからといって、マウスピースをつける時間や回数を自分の判断で増やすと、知覚過敏などを発症することがあるので、歯科医師から指示された時間や回数を守りましょう。

Contact 03-3239-4182 タップで電話する